スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
外壁塗装・屋根塗装の総合専門店「街の外壁塗装やさん 吹田店」です♪
2017 / 09 / 07 ( Thu )
外壁塗装・屋根塗装をするなら、総合専門店「街の外壁塗装やさん 吹田店」にお任せください。
色褪せしたお住まいでも塗り替えを行えば、まるで新築のような輝きを取り戻します。

進和リフォーム株式会社様
サイドメニュー用バナー
スポンサーサイト
14:19:28 | 日記 | page top↑
◆◇◆◇ 夏季休暇のご案内 ◆◇◆◇
2017 / 07 / 22 ( Sat )
先の話になりますが、誠に勝手ながら
2017年8月13日(日)~ 2017年8月16日(水)は
休業させていただきます。

通常営業は、8月17日(木)からとなります。
休暇中にいただいたお問い合わせについては、
通常営業日より順次対応させていただきますので
ご了承ください。

今後も変わらぬご愛顧をどうぞよろしくお願いいたします。
16:04:26 | 未分類 | page top↑
新商品研修
2017 / 06 / 27 ( Tue )
ニッペ新商品研修 2017-06-27 004
ニッペ新商品研修 2017-06-27 005
ニッペ新商品研修 2017-06-27 002
日本ペイントの新商品の発表と研修に行ってきました。
講師は全員女性でした。塗装の実演も女性がローラーと刷毛を持って
塗っていました。

いろんな分野に女性が活躍していますね。塗装というと汚れるというイメージ
がありますが最近は女性の間でもDIYがはやっておりペンキ塗りも女性が
抵抗なしに塗っていますのでそういう流れですかね。

今回の新商品は内装用の塗料でした。刷毛を使って自由に模様を付けられもの
でした。少し塗らせてもらいましがいろんな柄が付けられて楽しいですね。

最近の塗料は素人でも扱いやすくなっているのでますますDIYも盛んになるでしよう。
内装用の塗料には各メーカーも力を入れているようです。

調湿性塗料や結露防止塗料、部屋が明るくなる塗料、しっくい塗料など沢山あります。
用途に応じて選べるのでメーカーも一般の方にもっと知ってもらう努力をしてほしい
ですね。

原元 進
20:07:35 | 日記 | page top↑
下地調整工事は重要
2017 / 06 / 25 ( Sun )
秋田邸下地調整 2017-06-20 003
秋田邸下地調整 2017-06-20 001
秋田邸下地調整 2017-06-20 002
今日は外壁塗装において重要な工程の1つ下地調整についてお話します。
写真のように外壁の塗装前には外壁の点検をしなければなりません。

浮き部分、クラック、欠損部、爆裂など様々な現象が出てきます。
10軒点検しますと約9件ぐらいは何かの不具合が見つかります。

いかに施工前の点検と下地を修正するのが塗装工事の耐久性に大きく影響
します。下地の修正をおろそかにすると弱い部分から劣化が進み雨漏りの原因
になります。外壁と塗膜の密着が悪い所から雨水が侵入するからです。

点検の仕方としては打音検査、目視、サーモグラフィー検査などがあります。
いずれにしてもきめ細かい検査をすることで今後の塗装工事の寿命に大きく
影響しますので丁寧な作業を心掛けたいと思っています。

木造住宅の場合はクラック(ヒビ割れ)が多く発生するという特徴があります。
一方で鉄筋の建物の場合はクラックから侵入した水分が冬場凍結して爆裂
するという現象が多く見られます。

したっがって下地の修正の仕方も木造と鉄筋の建物では違ってきます。
適切な方法で下地の修正をすることで1年でも長く建物が元気で居られる
よう丁寧な仕事をしていきたいですね。

原元 進
18:53:25 | 日記 | page top↑
結露防止塗装
2017 / 06 / 24 ( Sat )
秋田邸結露防止 2017-06-22 001
秋田邸結露防止 2017-06-22 003
結露でお悩みの方は結露防止塗料ガイナノン結露という材料が有効です。
今施工中のお宅でも押入れの結露に悩まれていました。

結露を防止する方法をいろいろ検討した結果ガイナノン結露で塗装することに
決定しました。内壁をはがし断熱材を入れる工法も検討しましたがコストが高く
つくので費用的に安い塗装で施工することにしました。

工程は5工程かかりますが外壁塗装の合間をみて施工しますので負担は少ない
です。充分に乾燥時間を取らなくてはいけないので1日1工程で仕上げます。
押入れだけで5日間かかる計算です。

結露の原因は室内と外部との温度差が大きいと発生すると言われていますが
その他外壁材や内部の構造や施工方法等様々な要素が加わって発生します
のでこれが原因とはっきり言えるのは困難です。

費用をかけるのであれば内部を全てはがしリフォームするのであれば確実に
結露の発生を止めることは簡単ですが現実的には難しいですね。

限られた予算で最良の方法を提案するのが私たちの仕事です。
次の冬には結果がでるので楽しみです。

原元 進
18:52:54 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。